堺本『枕草子』のすすめ



 『枕草子』(堺本)を作るために、最初に作った枕草子春曙抄本文はこちら

 これをもとに、日本古典文学全集に基づいて作つた『枕草子』(能因本)はこちら

 これをもとに作った『枕草子』(堺本)はこちら。

 また、Zacoさんのテキストをもとに旺文社文庫に基づいて作った『枕草子』(三巻本)はこちら

 その下巻の上下から作ったものが 『枕草子』(三巻本二類伝烏丸光広)

ツイート


 学校で習ふ古文で一番難しいのは枕草子ではないかと思ふが、この難しさは実は古文そのものの難しさではない。枕草子は伝承が悪くて、清少納言が書いた文章がそのまま現代まで伝はつてゐないといふ面が非常に大きく作用してゐる。

 江戸時代より前の印刷といふ物がない時代には、本は全部手で書き写して作られた。本は買ふと云ふよりは見せてもらふものであつて、それを自分のものにしたければ、書き写すしかなかつた。

 さうやつて生れる写本は当然写し間違ひが多かつた。写本の伝承とは伝言ゲームのやうなもので、次から次へと書き写されて行く間に、内容が変はつてしまふのである。その最悪の例が枕草子だと言つていい。

 枕草子は、書き間違ひ、書き落とし、一行脱落などのオンパレードなのだ。そんなものから意味を読み取らなければならないのだから、難解なのは当然である。

 例へば、「こころもとなきもの(=待ち遠しいもの)」の段の最初は、

「人のもとに、とみ(=急ぎ)の物縫ひにやりて、今々と苦しう居入りて、あなたをまもら(=見守る)へたる心地。子生むべき人の、そのほど過ぐるまで、さる気色もなき。遠き所より思ふ人の文を得て、固く封じたる続飯(そくひ=糊)など開くるほど、いと心もとなし。物見(=祭りの行列見物)に遅く出でて、事なりにけり、白きしもと(=杖)など見付けたるに、近くやり寄するほど、わびしう、下りてもいぬ(=帰る)べき心地こそすれ。(岩波文庫=三巻本)」

「人のもとに、とみの物縫ひにやりて、待つほど。物見に急ぎ出でて、今や今やと苦しう居入りつつ、あなたをまもらへたる心地。子生むべき人の、ほど過ぐるまで、さる気色のなき。遠き所より思ふ人の文を得て、固く封じたる続飯など放ち開くる、心もとなし。物見に急ぎ出でて、事なりにけり、白きしもとなど見付けたるに、近くやり寄するほど、わびしう、下りてもいぬべき心地こそすれ。(日本古典文学全集=能因本)」

 三巻本と能因本は写本の名前だが、この二つを比べても、三巻本では能因本にある最初の「物見」の話が抜け落ちて、「苦しう居入りつつ、あなたをまもらへ」の対象が祭りの行列ではなく、帰つてくるはずの縫物の使ひになつてしまつてゐる。一方、三巻本で物見に遅れた話が、能因本では急いで出かけた話に変はつてしまつてゐる。

 あとは似たやうなものだが、例へば「事なりにけり(=行列が来てしまつた)」といふ終止形で終はつてゐる文章が、途中に入つてゐるのがどういふことなの か、理解しにくい。

 ところが、ここに、もう一つ別の堺本といふ写本がある。その写本では、同じ話が次のやうに伝へられてゐる。

「とみの物、人のもとに縫ひにやりて、待つほどの心地。物見に急ぎ出でたるに、今や今やと久しく居入りて、そなたをまもらへたる心地。また、まだしからむと(=まだだらうと)たゆみ(=油断)て遅く出たるに、事なりにけりとて、とく(=既に)立ちにける車(=行列の牛車)どもの狭間(はざま)より赤衣着たる者の白きしもとささげたるを見付けて、急ぎてやり寄するほど、わびしう、下りてもいぬべき心地こそす。子生むべき人の、ほど過ぐるまでさる気色のなき。遠き所より思ふ人の文を暗きほどに持てきたる、火点(ひとも)すほど待つこそ、わりなく心もとなけれ。固く封じたる続飯など開くるも、わりなく心もとなし。(堺本)」

 これなら古文を習つたばかりの高校生でも分かるのではないか。物見の話も、早く行き過ぎた場合と、遅れて行つた場合の二つが対照的に描かれた話であることが、ここでは判然としてゐる。「事なりにけり」も誰かが言つた言葉であることがよく分かる。

 そして、この三つの比べるなら、枕草子のこの伝言ゲームは、堺本→能因本→三巻本の順で行はれたことは明らかであらう。つまり、堺本は清少納言が書いた枕草子に一番近いのではないかと、思はれるのだ。

 ところが、今の日本の国文学者たちの意見は、伝言ゲームはこの正反対だつたと云ふのである。そして、書き間違ひと書き落としによつて短くなつてしまつた三巻本の、読みづらい枕草子が、清少納言の書いたものに最も近いとして、本として流通され、教科書にされて、学校で読まされてゐるのだ。

 では、この堺本の読みやすさ、言葉の多さはどうしてなのかと言へば、これは後世の人間による捏造だと言ふのである。

 こんな読みやすい堺本が拒否されてゐるその最大の理由は、江戸時代の流布本によつて日本人の間にひろまつた枕草子と、堺本の枕草子とでは、冒頭からしてまつたく違ふといふことにある。

「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる」(流布本=枕草子春曙抄)

「春はあけぼのの空はいたく霞みたるに、やうやう白くなりゆく山の端(は)、少しづつ明かみて、紫だちたる雲の細くたなびきたるも、いとをかし」(堺本)

 つまり、上で紹介した堺本の「こころもとなきもの」の分かり易さを受け入れるためには、その代償として、我々が慣れ親しんできた、「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく」も捨てなければならないのである。

 この事に対する拒否反応が、堺本に対する拒否反応の根源と言つてよい。そして、それを正当化するために万巻の論文が書かれて、堺本は流通から排除されたのである。

 そして、そのおかげで古文は難しいものになつてしまつた。

 しかし、こんな冒頭の文章に「空はいたく霞みたるに」を誰が勝手に書き加えたと言うのだろうか。  そもそも、現代はもはや難しいものを尊ぶ時代ではない。我々は何も無理をして、断片集を繋ぎ合はせて作られたやうな枕草子

(それは例へば、ここに挙げた「心もとなきもの」の冒頭の「人のもとにとみの物縫ひにやりて、[待つほどの心地。物見に急ぎ出でたるに]今々とくるしうゐ入りて、あなたをまもらへたる心地。」で、[ ]の中が三巻本から脱落してゐることが明らかなことからも分かる)

にこだわることはないのだ。分かりやすいものがあればそれを読めばよいのである。

 また、この堺本には清少納言の書いた日記的な文章が伝へられてゐないが、それは、この伝言ゲームで堺本の次に清少納言に近いと見られる能因本で読めばよいのだ。そして、そのあとで暇があれば、衒学と韜晦を好む学者たちの意見につきあつて、難しい断片集に取り組めばいいのである。




 先に「枕草子のこの伝言ゲームは、堺本→能因本→三巻本の順で行はれたことは明らかであらう」と書いたが、それはもちろん、この三つの写本だけを比較した場合のことであつて、現実はもうすこし複雑である。

 実は枕草子の伝言ゲームは、一直線に行はれたのではなく、三本のルートに分かれて行はれた。つまり、清少納言は最初に三人の人に伝言を伝へて、そのそれぞれが別々に彼女の言葉を伝へて行つたのである。その結果が、この三つの写本、堺本、能因本、三巻本に残つてゐるのである。

 もちろん、清少納言自身が書いた本は伝はつてゐない。だから、最初に清少納言が伝へた言葉は何だつたのかを、我々は推測するしかない。もちろん、それぞれの伝言ルートの最初に近ければ近い人(=写本)ほど、元の言葉に近いものを知つてゐる可能性が高い。

 ところが、この三人とも室町時代末期かそれ以降の人でしかないので、どれもがかなりの間違ひを伝へてゐる可能性が高い。それでも何とか最初の言葉を知るには、三人からの情報を比べて、それぞれが持つてゐない情報を補ひ合ふしかないだらう。

 ところが、この三つの伝言ルートの途中で、自分のルートの伝言だけでなく、それを別のルートの伝言と合はせた人がゐた。それが前田本と呼ばれる本である。この伝承者は当時の能因本の伝承に堺本の伝承を付け加へて書き残したのである。

 しかも、これが今、源氏物語の最古の写本と騒がれてゐるのと同じ鎌倉時代中期のものなのだ。そして、現代に伝はる堺本の伝承がこの前田本の伝承とほぼ一致することが証明されてゐる。

 実は、三巻本は藤原定家らしい人が持つてゐた本、能因本は文字通り能因法師が持つてゐた本と、それぞれ由緒正しいのだが、それらの本の情報が戦国時代にまで正しく伝はつてゐる保証はどこにもない。それに対して、堺本の情報が鎌倉時代のものであることは、この前田本によつてわかつてゐるのである。

 ならば、この堺本の伝へる情報を無視してよいわけがない。それが如何に我々が慣れ親しんでゐる枕草子と異なつてゐようとである。ところが、今売られてゐる『枕草子』はこの堺本を無視することによつて成り立つてゐるのである。

 いやそれどころか、現代の枕草子はこの四人の伝承者の情報を比較補完して総合的に扱ふことなく、ほぼ三巻本と云ふ室町末期の伝承者一人の情報だけで作り上げられたものなのである。



 なほ、堺本枕草子に対する否定的な論文の代表は楠道隆著『枕草子異本研究』であるが、そこでは130「遠くて近きもの」131「近くて遠きもの」の両段を、内容が逆になつてゐる部分のある能因本系本文と比べて、堺本のこの両段は「内容が全く混乱してしまつて全く出鱈目な本文と化してしまつてゐる。一読噴飯に値する」と書いてゐる。

 しかし、この記述が必ずしも当つてゐないことは、両段を自分で読んでみれば分かる通りで、両者は、例へば「舟の道」など、どちらとも言へる内容を含んでゐると言へる。それを、このやうな文章で批判してゐるところを見ると、楠氏の論文は堺本を否定する目的で書かれたものであると考へられる。読者は、このやうな情緒的批評に惑はされることなく、自分の目で読むことが大切であらう。


三巻本一類の性格について

 三巻本一類の枕草子は、清少納言の書いた本の原型を伝へてゐると言はれてゐるが、例へば、「森は」の段が108段と196段と二つ重複して存在する事から見ても、二つ以上の写本を合はせて作られた本であることは明らかである。また、「原は」の段も重複してゐるが、こちらは一方が14段で二類本の部分に存在するため二類本作成時の重複と見ることができる。しかし、「弾くものは」の段に、「調べは」が二度出てくるのもまた、二つの本を合はせた結果と見るほかあるまい(二類本では「調べは」は一度だけである。「めだたきものは」の段の最後にも、一類本には二類本にない同様の混乱がある)。

 三巻本の安貞二(1228)年の奥書にも、

「往時所持の荒本紛失して年久し。更に一両の本を借り出してこれを書き写さ令む。証本無きに依り、不審を散ぜず。但管見の及ぶ所、旧記等を勘(かんが)へ合せて、時代年月等を注し付けたり。是も亦繆案ならむか」

「私がかつて持っていた(枕草子の)粗雑な写本をなくしてから長年たった。そこでふたたび二部の写本を借りてこれを書き留めた。この枕草子には決め手になる本文がないため、(二部の本を見合はせても)不審の箇所はなくならない。ただし私の気のつく範囲は、古い記録などと照合して事柄などの時代や年月日等を書き入れた。しかし、この考証も間違っているかもしれない」(橋本不美男著『原典をめざして』より)

と、藤原定家と思はれる人(自称「耄及愚翁」)が二つの本を使つたことを書いてゐる。つまり、三巻本は、枕草子には古来良い本がないので、仕方なく定家が二つの写本を校訂(=文を取捨選択して)して作つたものなのである。

 つまるところ、明治までの日本人が読んでゐた枕草子が清少納言の枕草子といふよりは北村季吟の枕草子(=旧岩波文庫)であつたとするなら、現代の日本人が読んでゐるのは、藤原定家の枕草子(=現岩波文庫)である可能性が大きいのだ。

 確かに、この本は、北村季吟が『枕草子春曙抄』の序文で

「承応二(1653)年の春、尾州より一本を得たり。上下二冊。その本、紙ふるく手跡中古の筆体なりき。その文意あざやかにて、所々朱点をくはへ、且また人々の伝、官考などしるされたり。奥に異本両通かき加へられ侍りし。この本、多本を合はせて用捨せられし事しられ侍り。その奥書云」(以下に上記奥書が続く)

と書いたとほり、ある意味では読みやすい。しかし彼はこれを自分の本の底本にはしなかつた。それは、能因本と堺本を合はせて作られたことが明らかな前田本枕草子が『枕草子』の底本とされないと同じなのである。

 三巻本一類の最大の特長は、下巻の上・下(一類では中・下巻)の書写の間違ひの少なさだらう。写本の読みを最大限に尊重した最近の本の一つである新編古典文学全集(小学館)の校訂付記で見ると、訂正しなければ意味が分からない箇所は上巻の上・下が約70(二類)、160(一類)であるのに対して、下巻の上・下はそれぞれ、わづかに26(一類)、28(一類)箇所といふ少なさなのである。

 まさにそのために、三巻本一類が尊重されてゐるのであるが、その代償は大きい。三巻本一類をもとにした現代語訳の中に、原文にない文意の挿入がいかに多いかは、絶望的なほどなのである。いくら元が平安朝の古文だと言つても、そんなに省略的な書き方をしたのだらうか。

 例えば「あはれなるもの」の段、「筑前の守の死(し)せしになりたりしこそ」が「筑前の守がなくなってその代わりに彼が筑前の守になった」という意味であると分かるのは、他の本に「筑前の守失(う)せにし代(か)はりになりにしこそ」があるからだが、清少納言は「代はりに」を省略して書いたのもあとで誰かが補つたのだらうか。やはり、ここは落ちたと考えるべきだらう。

 角川文庫の『枕草子』の解説には次のような一文がある。”三巻本の日常語的文章はほとんど異端と言ってよいほど、乾いた異質の文章なのである。故玉井幸助博士は、三巻本の本文はどうも『枕草子』の文章として認めがたいように思われるという意味のことを、かつて筆者にもらされたことがある。”

 かう見てくると、北村季吟などの古注や、比較的分かりやすい堺本枕草子、さらには能因本枕草子を『虎の巻』にして、やつと意味をひねり出すしかないといふのが、三巻本一類の読解の現実なのだ。

 結局、『枕草子』とは全ての本の読みを比べながら清少納言が書いた真意を拾ひだすやうにして読むしかない本なのである。それを、入試で三巻本の本文だけを見せて意味を解かせるなどはもつてのほかと言ふべきである。

 学者たちに三巻本が選ばれるのは、この本の藤原定家からの伝承の純粋さのためである。しかし、我々はいつたい本の伝承の純粋さと、清少納言が本当は何を書いたのかと、この二つのどちらを尊ぶべきなのだらうか。



(三巻本第一類の代表的写本である陽明文庫本は、陽明叢書国書篇10『枕草子・徒然草』(思文閣)として公刊され、全国の主な図書館に収容されているので、個人で読むことが出来る。ただし、白黒写真なので、文章の区切りの朱点が黒く見えて草書体の本文の一部と混同しやすいので注意がいる。草書体の読み方の訓練には『字典かな』(笠間書院)が便利である)


2009.1 - 2015.3 (c)Tomokazu Hanafusa / メール

ホーム | パソコン試行錯誤 | シェアウエア | 拡声機騒音 | くたばれ高野連

inserted by FC2 system